プロが施すイタチ対策|早く退治しないといけない蜂【プロの業者に任せるのが安全】

早く退治しないといけない蜂【プロの業者に任せるのが安全】

プロが施すイタチ対策

イタチ

イタチの習性と侵入被害

日本に古くから生息していて各地の民話や伝承にも登場する動物として、イタチはタヌキやキツネとともに代表的な存在です。ある意味では昔から日本人に親しまれてきた動物とも言えますが、カマイタチなどといった妖怪の名前にも使われているように、その性質は非常に獰猛で危険な動物なのです。オコジョやイイズナなどの近縁種を除くと、日本列島に生息するイタチにはニホンイタチとチョウセンイタチの2種類がいます。ニホンイタチはほぼ全国に広く分布しており、森林や農村地帯ばかりでなく都市部にも生息していると見られます。より大型のチョウセンイタチは近畿地方を中心とした西日本に多く分布していましたが、最近では首都圏の都市部にまで生息域が拡大している可能性も否定できません。どちらの種類のイタチも体重は1キロに満たず、細長い体つきをしているためわずか3センチの隙間もくぐり抜けると言われています。環境への順応力に優れたイタチは屋外よりも快適に過ごせる住宅に好んで住み着き、天井裏などに侵入する習性を持ちます。天井裏に住み着いたイタチによる悪臭や騒音被害が都市部で多発しており、イタチ駆除の問題が地域住民を悩ませているのです。

害獣駆除業者による撃退術

天井裏に何らかの動物が住み着いている気配を感じ、実際に悪臭や騒音の被害が発生している場合は、その正体がイタチの可能性もあります。同様に天井裏への侵入被害が多発している動物としてハクビシンやアライグマも考えられますが、イタチはその中で最も体の小さいのが特徴です。小柄でも前述の通り性質は極めて獰猛なため、被害が疑われる場合は自分で退治しようとするよりもイタチ駆除に対応できる専門業者に依頼した方がいいでしょう。害獣駆除のプロはイタチ駆除も得意としており、専用の捕獲器を使ったり忌避剤などを使ったりして効果的に撃退してくれます。特に狩猟獣に指定されていないメスのイタチは許可なく捕獲すると法に触れるため、慎重な駆除対策が欠かせません。天井裏の調査はもちろん、侵入経路を突き止める場合にもイタチの習性をよく理解した上での専門知識を要します。害獣駆除業者がイタチ駆除を行う際には事前に徹底した調査を実施し、天井裏からイタチを追い出した後も侵入口を塞ぐ防除対策を万全に施しています。現に侵入している個体を退治するだけでなく、今後二度と侵入されないようにするための防御作戦にこそプロの技が発揮されるのです。