影響は本当にないのか

麻酔や鎮痛剤は大丈夫?

薬関係のものを妊娠中に体に入れるのはとても不安に感じる妊婦が多いですが、それほど心配しなくてもいいという意見があります。

虫歯の治療などで使う麻酔は局部麻酔です。
なので、血液を介して胎盤まで届くことはありません。
また、歯科医の治療によく使われる麻酔薬はキシロカインと呼ばれる薬剤なのですが、無痛分娩にも使われる麻酔薬です。
麻酔が必要な治療でも、安全ですので安心しても大丈夫です。

鎮痛剤は妊婦の使用ができないものもあります。
強い鎮痛剤だと死産の報告例もあるようです。
市販薬でもあるロキソニンも妊婦の使用が禁止されているので注意が必要です。

歯科医に妊娠中ということを伝えていればカロナールという赤ちゃんにも安心な鎮痛剤を処方してもらえます。

レントゲン

レントゲンは虫歯の発見のために使われることが多い検査方法です。
小学校でもよくされている、目だけの検査もありますが、これでは小さい虫歯や歯間の虫歯を見逃してしまう可能性があります。
また、治療によっては口内の確認のため大きな撮影を必要とする場合もあります。

しかし、レントゲンの放射線は心配ですよね。
歯科医によっては安全のために妊娠中のレントゲンを避ける所もあります。
そういう所では、歯科検診の場合ですと目での検診のみにし、出産後改めて検査をすることを勧められるようです。
治療の場合は他の治療プランを考えます。

歯科医によっては、レントゲンの検査をする所もあります。
そういう所でしたら被ばくを避けるために専用のエプロンをしますので、お腹にX線がかかる心配もありません。
また、撮影も口の周りだけなので影響は最小限です。