早く退治しないといけない蜂【プロの業者に任せるのが安全】

ノミ用の殺虫剤

ノミは、春や夏に動物の肌で繁殖します。ノミに血を吸われると、ペットも人間もアレルギー性皮膚炎を発症することがあるのですが、殺虫剤でノミ駆除をすれば防止できます。殺虫剤を使用すると、ノミの成虫による被害は数時間で止まります。しかし幼虫は生き残るので、ノミ駆除では幼虫に効果を与える殺虫剤も使われます。

もっと読む

プロが施すイタチ対策

住宅に侵入して悪臭や騒音などの被害を与える動物の中でも、イタチは非常に獰猛な性質を持つ危険な存在です。ほぼ全国に分布するニホンイタチと西日本に多いチョウセンイタチは、ともに天井裏などに侵入する習性を持ちます。自分でイタチ駆除を試みるのは非常に危険ですが、害獣駆除業者は万全の捕獲術と防除を行ないます。

もっと読む

スズメバチの駆除は業者へ

蜂

自力で対処する場合は

蜂の巣を自宅で見つけてしまったら、早く退治する必要があります。蜂にもいろいろ種類がありますが、特にスズメバチは攻撃性が強く、最悪の場合死に至ることもあるからです。蜂の巣を自分で退治したい場合は、蜂の種類を見極めましょう。スズメバチ以外の場合は、攻撃性も低くなるので、巣が小さい場合であれば自分で対処することも可能です。しかしながら、全く危険がないわけではないので、蜂用の殺虫剤や頭や体を守る服装をするようにします。また、蜂の生態に合わせて退治する時間帯を選びましょう。例えば、アシナガバチの場合は昼間に動く習性があり、夜間は動きが弱まります。夕方以降に行うと効果的です。ミツバチの場合は、夜間から朝方にかけて行うと、働き蜂が巣に戻っている時間なので効果的です。

業者に依頼するメリット

スズメバチのような攻撃性のある巣や大きな巣の場合は、専門の業者に退治を依頼しましょう。どんな種類の蜂にも対応してくれ、防護服や専用機材を使用して、安全に、的確に、早急に退治してくれるのがメリットです。また、巣の場所がわからなかったり、高い場所に巣を作られている場合でも、実態を調査して対応してくれます。業者によってサービス内容や料金設定は異なりますが、巣を取り除いた後も巣にいなかった蜂が帰ってきていないか、再び巣を作っていることはないか、アフターサービスがある業者もあります。無料見積もりを行っている業者も多く、自力で退治するのは無理だと判断した場合は、被害が拡大する前にまずは相談してみることがおすすめです。

防蟻工法も必要

シロアリ被害は、主に木造住宅に多く、生涯の高い買い物である住まいを守るための対策は重要な意味を持ちます。駆除や退治専門の業者による知識や、住宅情報に強い業者などと連携し、基礎から柱に至るまで、点検や工法にこだわることが大切です。

もっと読む