妊娠中の歯科治療は避けるべき?

妊婦でもできる虫歯治療

妊娠中の口のなかのトラブル

歯科医院ではいろんな治療やケアをしてくれます。 それは虫歯の治療以外にもたくさんあります。 その中には気をつけないといけないこともありますが、全く何もできないということはありません。 なので、妊婦だから歯医者は無理とあきらめずに相談してみましょう。

どの時期でもできるのか

胎児は10か月少しで生まれると言います。 その期間、母体からの影響を受けにくい時期や、逆に不安定だから体に負担をかけない方がいい時期もあります。 それは何週目ぐらいなのでしょうか。 歯に心配があるならば、そういった時期について知っておくと安心ですよ。

影響は本当にないのか

歯医者でなくても、病院に行くときに心配なのが胎児への影響です。 胎児への影響のない薬や治療方法もでてきていますね。 しかし、妊婦になると市販の薬に頼ることもできないので、体調管理にかなり気をつける人も多いでしょう。 一般的に言われる胎児への影響が心配について見てみましょう。

どんな治療ならできるのか

妊娠中は体調の変化が起きやすいです。
つわりがあったり、腰が痛くなったり、疲れやすくなったり。
今までとは同じような生活がしにくくなることもあります。
そして、口の中のトラブルも起きやすいです。
その原因には大きく2つあります。

1つはホルモンバランスが乱れです。
ホルモンバランスが妊娠する前と後では大きく変わるといわれています。
バランスが崩れることで、唾液が通常の働きができなくなって、歯周病菌が繁殖しやすくなります。
なので、これまで虫歯がなかった人でも虫歯になりやすくなります。
2つ目はつわりです。
つわりになるといろんな臭いに敏感になり、食欲がなくなったり、吐き気を感じたりします。
人によっては歯磨き粉の臭いが苦手になり、しっかり歯磨きできないようになります。
磨き残しから虫歯になることもあります。

また、つわりでも吐いてしまうと胃酸が口まできますし、酸っぱい物を好んで食べると口の中が酸性になりやすいです。
それらのせいで、歯の再石灰化がしにくくなって虫歯になりやすくなります。
再石灰化は人間の体が自動で行う働きですが、その働きが胃酸や酸っぱい食べ物によって阻害されてしまいます。

これらの原因で、口の中のトラブルが起きやすくなります。
しかも、妊娠中は出産準備や産婦人科での定期健診で忙しくなりがちです。
また、妊娠中は治療できないからと、我慢してしまう人もいるようです。

しかし、妊娠中でもできる治療はあります。
できないからと我慢せずに一度歯科医に相談してみましょう。

おすすめリンク